銀歯を白い歯にしたい

銀歯をやめたい場合には「セラミック治療」を

日本国内では、いわゆる「銀歯」は一般的な治療となっています。しかし、銀歯のように金属を使った治療は、世界の歯科医療先進国と比較するとレベルで見ると、日本は特別感があります。実際、他の歯科医療先進国では、銀歯はあまり使用されていなく、「セラミック」が一般的となっています。セラミックは、歯科金属のように、経年で錆びたり劣化したり、イオン化・溶出して体内に取り込まれてしまったり、変形したりといった心配はありません。

さらに、セラミックを使用した治療では、銀歯と比べて二次むし歯のリスクも低くなり、金属アレルギーの心配も一切ありません。さらに天然歯のように自然な白さの美しい歯を再現可能という事もあり、近年では日本国内でもセラミックを使用した、歯科金属を使わない「メタルフリー」な治療が増加傾向にあります。

症例1 ~ いつも気になっていた奥歯の銀歯をセラミックインレーに変えてみた

・治療期間・・・2か月
・通院回数・・・6回
・内容と費用・・・セラミックインレー: 6万円×6歯
・メリット・・・プラスチックや銀歯と比較し、天然歯のような審美性を再現でき、機能性に優れるため二次虫歯のリスクを抑え、歯を長持ちさせる効果が期待できる。
・リスクと副作用・・・健康保険適用外の治療であることから保険診療より費用が高くなる。

症例2 ~ 銀歯をセラミックインレーに交換した症例

テキストテキストテキスト。

説明文。

説明文。

・治療期間 ・・・ 1か月
・通院回数 ・・・ 2回
・内容と費用 ・・・ オールセラミッククラウン : 8万円×2歯
・メリット ・・・ プラスチックや銀歯と比較し、天然歯のような審美性を再現できる。
・リスクと副作用 ・・・ 健康保険適用外の治療であることから保険診療より費用が高くなる。